●フィトケミカルとは?
第七の栄養素と呼ばれています。
ギリシャ語で「植物」を表す「フィト=Phyto」と英語の「ケミカル=Chemical(化学)」を組み合わせた造語で、野菜や果物の中に含まれている植物性化学物質のことをいいます。

●フィトケミカルの特徴

植物の特に皮や種に含まれる天然の化学物質。
植物の色、香り、味(苦味・えぐみ・渋味など)のもととなっている。 加圧トレーニングスタジオ「O2(オーツー)」公式アカウント

●フィトケミカルの薬理作用
抗酸化作用
抗炎症作用
抗癌作用

●主なフィトケミカル
レスベラトロール:ブドウの果皮

加圧トレーニングスタジオ 「O2(オーツー)」公式アカウント

アントシアニン:ブルーベリー、ブドウ
イソフラボン:大豆
クルクミン:ウコン
アリシン:ニンニク
ルティン:ほうれん草、トウモロコシ
リコペン:トマト、スイカ
ジンゲロール:生姜
βカロチン:人参
βグルカン:キノコ類

詳しくは本編をお聞きください!