前回に引き続きネットニュースから気になるトピックスを取り上げます!
今回取り上げるニュースはJASRACについて。
日本の音楽の著作権を管理する彼らですが、「音楽教室で曲を用いるときにも料金を徴収する」と発表し、各方面で議論が巻き起こっています。

さて、どうしてこんなことになったのか?
それだけJASRACのお財布事情が厳しいのでしょうか…音楽業界はずっと不況ですからね。

しかし、中国では簡単に無料で音楽をダウンロードできちゃいますよね?そもそも、CDって発売しているんですか?!
偽物じゃなくて、本物で
エンターテインメント産業は苦労していそうですが、しかし羽ぶりは良さそう…諸外国と音楽業界の収益構造が全く異なるのでしょうか?

CDが売れない時代、無料でコンテンツを手に入れることに慣れた消費者だらけの世界!もしかすると中国のやり方に何かヒントがあるのかもしれません!

他にも築地移転問題にもどんどん切り込んで本音で語っていきます!
続きは本編にて!!

【information】
■協力会社:
礼海貿易(上海)有限公司

■URL:
礼遇(LIYU)
http://bit.ly/2akoa3o

■住所:
上海市茅台路830弄17号801室

■連絡先:
TEL:+86-021-5297-9923