今回のテーマは「ヨーガの哲学」です。

 

ゲストは前回に引き続き伝統的ハタヨーガインストラクターでいらっしゃる須甲雅弘さんです!

 

須甲雅弘さん
伝統的ハタヨーガインストラクター
HP: http://ashoka-concept.jimdo.com/

 

ヨガの経典『ヨーガ・スートラ』には「アシュタンガヨガ(八支則)」という、ヨガを深めるために、守るべき・行うべき8つの段階が説かれているそうです。

その8つの中でも「ヤマ」「ニヤマ」は、最も基本的で重要だそう。

 

【ヤマ(生活様式の改善)】
●アヒンサ(Ahimsa)/不殺生
他人にを傷つけない。自分も傷つけない

●サッティヤ(Satya)/不妄語
他人に誠実である。嘘をつかない

●アステーヤ(Asteya)/盗みをしない
他人領域を侵さない

●ブラフマチャーリア(Brahmacharya)/不邪淫
パートナー以外と性交渉を持たない。理性を保持する

●アパリグラハ(Aparigraha)/不所有
欲張らない。

 

 

【ニヤマ(生活環境の改善)】
●サウチャ(Saucha)/整理整頓
身の周りを清潔に。整理整頓

●サントーシャ(Santosha)/知足
今あるものに満足する

●タパ(Tapas)/苦行、忍耐
日々、鍛錬のために困難なことを実行すること。許容範囲の拡大

●スヴァディアーヤ(Svadhyaya)/学習
客観的に自分の現状を知る→理想に近づく

●イーシュワラ・プラニダーナ(Ishvarapranidhana)/信仰
信仰心を持って祈りを捧げる。環境を見方につける。

これらすべてを実践しようと思うと難しいですが、毎日ひとつづつ心がけることで、ヨーガの本質を少しずつ理解できるかもしれませんね♪

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして今回の「コレ試してみました!」では本編に引き続き須甲さんに参加していただき、ヨーガのポーズ「アーサナ」にチャレンジ!

 

今回チャレンジするポーズは「ヴィパリタカラニムドラー」

逆立ちのようになるため、足の血液が心臓に戻り足のむくみや、内臓にきくポーズだそう。

 

【やり方】

1.         仰向けになり、両手は体の横に置き手のひらを床に向けて置き、両足を閉じます。

2.         両足を上げていき、90度のところでストップ

3.         腰を上げて両手で腰を支える。

4.         両足を再度地面と垂直90度に持ってきます。

5.         目を閉じて、足はリラックスして自分の体の状態を感じます♪

 

6.         両足を頭のほうにおろし、腰を支えていた両手は床に置く。

7.         ゆっくり背骨一本一本を降ろすようにして足を降ろしていきます。

 

さっそく私もチャレンジ!!!

うまくできているかな・・・?

 

自宅でも簡単に実践できるので是非皆さんもやってみてくださいね♪