今回の1冊は、「ひらがなでよめばわかる日本語」(著;中西進 出版:新潮社)

言葉が分かれば、人間が分かる!
ある国の人を理解しようとするときは、やはりその国の言葉が手掛かりになりますよね!

日本を理解したい場合は、ひらがなを学んでみるといい。
たとえば、「は」と聞いた時に、その「は」を思い出しますか?

もともとのルーツは一緒なんだとか!
本来は、端の意味があるんです。
葉、歯などなど。。

言葉の歴史って面白いですよね~!

bookcom54-img1

『ひらがなでよめばわかる日本語』

■今回のブックナビゲーター
岩田さん

尚番組では、本を紹介!してくれるゲストを随時募集しております。
思い出の一冊、オススメしたい一冊。漫画でも小説でも構いません。
ぜひぜひ、ブックコミュニティの輪、広げてみませんか?
詳細は、contact@livaia.comまでご連絡ください。