さて、今回のブックナビゲーターは岩田さんです!
何気にこの番組も長くなってきましたが、その理由としてはやはり二人とも
本が好きだからなんだろうな~!とこの1年間を振り返りながら語るゴロ―!

さて、今回の本はこちら!

bookcom56-img

『紅茶スパイ-英国人プラントハンター中国をゆく』(サラ ローズ著、築地 誠子翻訳、出版・原書房)です。

イギリス人のロバート・フォーチューンが中国人に成りすましながら、お茶の開発のために中国に潜入するとは、なんともすごい話し。
いまでこそ、紅茶といえばイギリスのイメージがありますが、その当時は三角貿易があったそうです。
イギリスはインドに綿製品を輸出、インドは中国にアヘンを輸出、中国はイギリスにお茶を輸出するという三角貿易
その当時、イギリス人には生活必需品だった紅茶
そこから始まる物語、歴史ノンフクションな1冊です。

この1冊は、中国で働いている方々に是非読んでいただきたいですね!

■今回のブックナビゲーター
岩田さん

尚番組では、本を紹介!してくれるゲストを随時募集しております。
思い出の一冊、オススメしたい一冊。漫画でも小説でも構いません。
ぜひぜひ、ブックコミュニティの輪、広げてみませんか?
詳細は、contact@livaia.comまでご連絡ください。