今回のテーマは、日本とアメリカと香港の貯蓄型保険」に関して、
快活ライフ上海 松本総経理にご説明して頂きました。

あなたは、どのような形で貯蓄をお考えですか?!
いろんな方法がありますよね!

ただ、あまり、保険で貯蓄するっていうのは考えないですよね~。
今回は、そんな誤解を解いていこうと思います。

【死亡保障の保険金額5000万円の商品の場合】
日本の場合:
40歳の方が加入した場合は、3000万円を支払わなければいけません。
50歳の方だと、3600万円の支払い
60歳の方だと、4300万円の支払い

大体72%ぐらいですね。約7割のコストが掛かるという事ですね。
保険ですので、必ずもらえるという意味では良いですよね。

【死亡保障の保険金額5000万円の商品の場合】
アメリカの場合:
40歳での加入の場合は、750万円の支払い
50歳での加入の場合は、950万円の支払い
60歳での加入の場合は、1600万円の支払い

大体20%のコストですね。

ただ、この保険は日本では加入できないんですよね、、

就労ビザ
納税証明
不動産もしくは実業が必要

渡航費用と日程が3泊5日程度の時間が必要です。

ちょっと、この保険に入るためにしてはハードル高いですよね!

それを解決するのが、「香港」なんですね!

詳しくは本編で!

*あくまでも、投資は自己責任となりますので、実際に投資を
される際には、ご留意頂ければと思います。

【information】
■協力会社:
徳呼(上海)投資諮詢有限公司
■URL:
http://wfc-china.com/
■住所:
上海市長寧区仙霞路299号 遠東国際広場B-2F-12号