今回のテーマは投資Visaについて。
今回も快活ライフ上海 松本総経理にご説明して頂きました。

アメリカやヨーロッパでは不動産購入するともれなくVisaがついてくるが、実は日本は違う。
中国人が日本のVisaの取得をするためには大きく2つの方法がある。

1.どこかの日本の会社に就職する。
2.日本で会社を作り経営管理Visaを取得する。

2番の方法でVisaを取得するにはいくつか条件があります。

まず資本金は500万円以上。
そして実態のあるビジネスをしているかどうかというところがポイントになってきます。
1年目は事業計画に基づいて発給されるので簡単ですがその後の更新が大変だそうです。
事業実績や売上実績などを細かくチェックされる、そして実は2人以上の日本人を雇用していないといけないというなんとも難しい条件が!!

そういった厳しい条件に結局日本のVisaを諦めてきた中国の方々に松本総経理から朗報が!

2の条件は自分で会社を設立しなくても「出資」するということでも可能なんだそう!
Visaが欲しい中国人、そして融資がほしい日本企業をマッチングさせられればこんないいことはありません。
ここで注意しなければいけないのがその出資先の会社がきちんと信用に値するのかというところ。
お金入れたはいいが、潰れたり逃げられたりしたら大変ですよね!

そんな問題にも松本総経理が解決策を提案!!

続きは是非本編をお聞き下さい!

*あくまでも、投資は自己責任となりますので、実際に投資を
される際には、ご留意頂ければと思います。

【information】
■協力会社:
徳呼(上海)投資諮詢有限公司
■URL:
http://wfc-china.com/
■住所:
上海市長寧区仙霞路299号 遠東国際広場B-2F-12号