※本放送は投資家の皆様に投資判断の参考となる情報の提供を目的として、AZインべストメントマネージメントが作成した放送であり、各国の法律に基づく開示資料ではありません。また、本放送は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。

 

■経済の指標及びイベント

  • 4月雇用統計
  • フランス大統領選挙
  • 大韓民国大統領選挙

 

■4月雇用統計

  • 4月雇用統計の主な結果
    • (1)非農業部門雇用者数1万人増
    • (2)失業率4%
    • (3)平均時給19ドル(前月比0.3%増、前年比2.5%増)
  • 月非農業部門雇用者数は市場予想(19.0万人増)を上回る1万人増
    • 前月の鈍化(7.9万人増)からの急回復。広範な業種で雇用が増加したが、中でもレジャー・接客などのサービス業がけん引
  • 失業率は市場予想(4.6%)を下回る4%に低下。
    • 3カ月連続の改善であり、2007年5月以来、ほぼ10年ぶりの低水準に並ぶ
  • 今回の雇用統計は、前月の雇用者数急減速が一時的な現象であった事を示す内容であり、米雇用市場の堅調さを改めて市場に印象付けた。
    • ただし賃金の伸びが引き続き緩慢であり、インフレ圧力が高まる様子は感じられなかった。
    • FRBの「緩やかな利上げ」の方針にも変更はなさそう

 

■フランス大統領選挙

  • 親EUのマクロン氏が6割を上回る得票率を得て、決選投票に勝利
    • EU離脱の国民投票の実施などを主張していたルペン氏が敗退したことで金融市場の混乱は避けられた形
  • マクロン氏は労働市場の規制緩和や自由貿易の推進を主張
    • 政策の遂行にあたり6月に実施予定の下院選挙の動向も気になる

 

■大韓民国大統領選挙

  • 野党である「共に民主党」からムン・ジェイン氏が大統領として選出
  • 経済優先の政策、反日問題は後回し?
    • 公約で「公共部門で81万人」の新規雇用を掲げるなど、ムン氏は経済格差を生む不安定な労働市場の改善に力を入れるとみられる

 

■株式市場

日経平均株価の推移は最高値19,989円、最安値19,705円。

topixの推移は最高値1,588ポイント、最安値1,568ポイント。

 

■為替市場

ドル-円は最安値114.3円、最高値112.9円。

ユーロー円は最安値124.5円、最高値122.9円。

人民元ー円は最安値16.5円、最高値16.2円。

円安基調は続く。

 

次回もお楽しみに!

【出演】日本公認会計士 藤井陽介
協力:‍安中投资管理咨询(上海)有限公司
URL:http://www.azimut.it/en/web/-/home