※本放送は投資家の皆様に投資判断の参考となる情報の提供を目的として、AZインべストメントマネージメントが作成した放送であり、各国の法律に基づく開示資料ではありません。また、本放送は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。

■経済の指標及びイベント

  • 韓国朴槿恵前大統領の逮捕
  • フランス大統領選挙
  • ドイツ連邦議会選挙

 

■韓国朴槿恵前大統領の逮捕

  • 3月31日、韓国のソウル中央地裁は朴槿恵前大統領の逮捕状を発付。
    • 逮捕状は即時に執行され、朴槿恵前大統領は逮捕
  • 13の容疑
    • 朴槿恵前大統領は”影の実力者”であった崔順実(チェ・スンシル)容疑者と共謀して、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の経営権承継を助ける見返りに433億ウォンを受けることを約束した疑い
    • ミール・Kスポーツ財団に774億ウォンの出資金を強要した疑いなど
  • 逮捕された三人目の大統領
    • 全斗煥(チョン・ドゥファン)盧泰愚(ノ・テウ)に続く
  • 何故韓国の大統領は悲惨な末路をたどることとなるのか。
    • 「大統領に巨大な権限、とりわけ経済的に大きな力が与えられている」韓国独特の権力構造
    • 強大な大統領権限と、それにすり寄る民間企業
      • アジア通貨危機やリーマンショック時にみられたように、韓国政府には必要であれば巨大財閥ですら整理に追い込むことのできる強大な力
      • 企業は常に大統領と良い関係を得ようと接近し、結果として、大統領と企業が癒着
    • 国民情緒が憲法すらも左右する様な国民性も加わり、政権末期に支持率が下落すると、係る問題がどこかから露呈し不安定な状況となる、というサイクルが繰り返されている

■フランス大統領選挙

  • TV討論会では明確な勝者は現れず
    • 最有力である極右国民戦線ルペン氏:冒頭からフランスのEU(欧州連合)離脱を力強く唱え
    • 有力候補の右派共和党フィヨン氏:自身を見舞ったスキャンダルの払拭に固執
    • 中道寄りのマクロン氏はエスタブリッシュ(支配階級)らしく無難な主張
      • いずれの候補も目新しさに欠ける従来の主張を繰り返すに留る

 

■今後の展開

  • ドイツも又ナショナリズム・ポピュリズムの風
    • ドイツ国内での米新政権への評価が厳しい中、メルケル首相は一方的にNATO(北大西洋条約機構)での予算拠出増という厳しい注文を付けられ、外交上の失点だとの声が大きい
  • 現連立政権の一角を占める社会民主党(SPD)の首相候補、シュルツ元EU議長は、米トランプ大統領を「世界情勢の安定に最大の脅威」と嫌悪感を露にし、急速に支持を集める
  • ドイツでもくすぶるEU懐疑論
    • シュルツ元EU議長が勝利すればEUにおけるドイツの寛容さは失われ、ギリシャ等財政悪化国への風当たりは厳しくなる
    • EUの究極目標ともいえる財政統合への道は更に厳しくなり、結果的にフランス同様、ドイツでもEU懐疑論が強まる可能性も高まりそう

 

■株式市場

日経平均株価の推移は最高値19,251円、最安値18,981円。

topixの推移は最高値1,545ポイント、最安値1,512ポイント。

 

■為替市場

ドル-円は最安値112.1円、最高値110.1円。

ユーロー円は最安値119.4円、最高値119.3円。

人民元ー円は最安値16.2円、最高値16.0円。

 

次回もお楽しみに!

【出演】日本公認会計士 藤井陽介
協力:‍安中投资管理咨询(上海)有限公司
URL:http://www.azimut.it/en/web/-/home