MC:西島燈
ゲスト:自然農法農家“慢米”の謝江さん


引き続きゲストは、自然農法のお米ブランド“慢米”を展開するの謝江さんです。
前回まで、自然農法の様々な技術をご紹介してきましたが、さらに「深水栽培」という方法が登場します。この「深水栽培」と前回ご紹介した「チェーン除草」で、雑草の問題は、ほとんどなくなったそうです。
長江(揚子江)の下流域である江南地方は、世界の粳米(うるちまい)のルーツであり、江蘇省の太倉(すごい倉)、常熟(いつも豊穣)……などなどの地名は、稲作にまつわるものです。現代の中国では、東北地方がお米の大産地となっています。しかし、中国東北地方の稲作の歴史はまだ200年程度と浅く、伝統的には、米食文化ではなく、麺や包子や餃子などの小麦食文化でした。文化的な意味でも、この江南地方の稲作の歴史が途絶えてはいけない、また、「地産地消」という意味でも、上海で消費されるお米は、地元の江南地方で作るべきだと、謝さんは、江蘇での稲作の復興を、自らの「使命」だと考え、取り組んでいらっしゃいます。


节目继续邀请到了用自然农法培育的大米品牌——“慢米”的谢江先生!

在上两期,谢江先生主要向大家介绍了一种现代少见的栽培方法,自然农法。
而在这期中,谢江先生则要介绍另一种不太常见的栽培方法——深水栽培。
对这两种栽培法,谢江先生都有怎样的心得和想法呢?

同时对于目前市场上普遍推崇的东北米品牌,谢江先生也有话想说!
太仓、常熟……明明江苏这些地名,就暗示着米业繁荣,为什么现在反而不及东北有名呢?
作为江苏人的谢先生,表示要以复兴江苏米为使命!

日本人児童対象「稲刈り体験」の模様
http://mp.weixin.qq.com/s/N7o0uULJrR7OjSCGIql7JQ
慢米(蘇州市自然農夫農業科技有限公司)のHP
http://www.cixin.info/store/store_index/id/51

【参考資料】
ナチュラルハーモニーHP
https://naturalharmony.co.jp/

林幸美さんの「炭素循環農法」とは
https://wondervege.com/munouyakumuhiryou/炭素循環農法とは/

ICTセンサーと「深水農法」が実現する、完全自然栽培の米作り 南三陸町http://tohoku360.com/news/natural-farming/

お米の文化と歴史(米穀機構「米ねっと)
http://www.komenet.jp/bunkatorekishi/index.html