ままサプリオンライン講座、無料プレゼント!

ままサプリ4周年! オンライン講座が誕生しました
今、「イライラを手放す3つのステップ」を、無料プレゼント中!

お受け取りはこちらから:
https://mama-supple.com/irairaopt/

 


今まで4週にわたりお送りしてきました、ゲストは、“エジソンまま”こと岩室智子さんと、ままサプリ一期生のクレバヤシアキコさんです。

この番組は、中国人リスナーの皆さんも多くいらっしゃり、たくさんの共感の声をいただいています。
日本と同様もしくはそれ以上に、今の中国の子どもたちは、土日にもなれば、塾や習い事で分刻みのスケジュール! しかし、何でもできるようにならなければ!、理想とする形に変えなければ!、という観念は、親も子も辛いですね。

智子さんは、人間一人ひとりにはそれぞれの「形」があり、出っ張りもあれば凹みもある「星」のようなもの、と言います。出っ張ったところは得意なところ、凹みは苦手なところです。

それぞれに、得意も不得意もあるのは当たり前のこと。それなのに、多くの場合、得意よりも苦手なこと、凹みの方に注目してしまい、子どもが「完璧な円形」になるように、育ててしまっていて、そうしている間に、自分本来の「形」が分からなくなってしまっているというのです。

では、自分のありのままの「形」を受け止め、苦手を受け入れ、得意な能力を伸ばすようにするには、どのように考えていけばいいのでしょう?

今日の放送で聴いてくださいね。

 


ままサプリ今天依旧邀请到了智子女士与ままサプリ一期生AKIKO女士。

在竞争激烈的现代社会,似乎一到周末,等待小孩们的就是各种补课与兴趣班。
“很多东西,不能不学”的观念,也让父母增添了不少压力。

其实在智子女士看来,每个人都有着不同的“形状”,就像星星一样,既有突出的地方,也有凹陷的地方。
如果说,突出的地方代表着擅长的部分,那么相对凹陷的地方,也就代表着不擅长的部分。

每个人都有各自的擅长与不擅长,这虽然是理所应当的事情。
但在很多教育中,比起发展擅长点,更多的父母却执着于“拉伸”孩子凹陷的地方,努力把小孩变成一个“圆形”。

那么智子女士又是怎么看待这种现象的呢?
父母应该怎么看待孩子凹陷的地方,自己又如何接受自己的“形状”呢?

欢迎收听今天的ままサプリ。