日の社長シリーズは、宮城社長です。

高校時代はサッカー選手になりたかった宮城さん。アルバイトで植木屋の仕事を始め、5年で、立体駐車場の運営・管理を開始、現在のビル設備メンテナンス事業を行っています。社員は、宮城さん一人で、ビル11棟の管理を行い収入は、以前より安定しているそうです。
今後の夢は、二つ。病気がなくなる世の中にしたいこと。それと、農業を拡大したいこと。農業は、葉物や木耳の栽培をしたいそうですよ。メイドインジャパンの木耳を作って、広めたいそうです。これから、グループ会社のホールディングスで、いろいろな展開を考えているそうです。
是非、番組をお聞きくださいね。


天的社长系列节目,邀请到了宫城社长。

高中时期想要当足球运动员的宫城社长,初入社会后,从事的却是园艺方面的工作,但由于工作性质,园艺工作的收入并不稳定,直到开始现在的工作,才终于有了稳定的收入。

说起宫城社长现在的梦想,主要有两个:一是希望世界没有病痛,二是希望自己能够种植木耳、推广农业。
让世界没有病痛似乎很难实现,但种植木耳这件事,已经在有序进行中了。
希望有朝一日,大家能够吃到宫城社长种的木耳吧!~

花风水第57回!
欢迎收听今天的节目。