今日のお話は、『小野小町のどくろ』。
小野小町(おののこまち)は、平安時代の有名な女流歌人。彼女も、在原業平(ありわらのなりひら)と同じく、「六歌仙」の一人で、彼女が詠んだ和歌は、「百人一首」にも選ばれています。

【小野小町の詠んだ歌】
花の色は うつりにけりな いたずらに 我がみよにふる ながめせしまに
【現代語訳】
花の色は移り変ってしまった(私の美しさは衰えてしまった)。私の身の上に降る長い雨(いろいろな恋)を眺めて、いたづらに過ごしているうちに

「百人一首」を用いたかるた競技は、有名な漫画『ちはやふる』の題材となり、広瀬すずさん主演で映画化もされて大ヒットしましたので、中国でご存知の方も多いでしょう。
また、小野小町は、稀代の美女としても有名で、日本語で、美人のことを「○○小町」(例えば、秋田出身の美人のことを「秋田小町」)と言うのは、この小野小町が由来なんですよ。

今日のお話、是非聞いてみてくださいね。
出典はこちら↓
http://hukumusume.com/douwa/pc/kaidan/10/05.htm

沙耶さんアメブロ
https://ameblo.jp/sasa00-rierie

 


本期标题“小野小町的头骨”中的小野小町,是一位日本平安初期的著名女诗人。
而沙耶桑说的“百人一首”,则是一本日本和歌集,同时也作为一种游戏,在日本广为流传。

今天节目的故事原稿《小野小町のどくろ》,请走链接:
http://hukumusume.com/douwa/pc/kaidan/10/05.htm

在每期的结尾部分,沙耶桑会挑选文中的一些日语词汇,进行简单的介绍解释。
想要学习日语的朋友们,可以对照文本,一边听一边看哦!